04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

海を眺めて

高級魚、大物を狙います。東京諸島を含む三宅島の釣り&生活日記。

稲取港 山吉丸(2012年8月2日) 大島沖マグロ釣り 

今年もこの時期がやってきました。大島沖のマグロ釣り。
釣果だけはチェックしていましたが最近調子がいいみたいで、もしかしたら?と期待をしていました。
ご一緒したのは、ウッチーさん、つるっぽさん、スーさん、私の4人。仕立てです。

お世話になったのは稲取港の山吉丸さん。初めての乗船です。
IMGP2646_R.jpg

今シーズン、初めてのマグロ釣り。1度ぐらいは50kgオーバーのマグロを釣ってみたい。
夢は100kgオーバー。近海の大島沖で釣れたら最高にうれしいかも。

IMGP2649_R.jpg

じゃんけんをして釣座決め、ミヨシからつるっぽさん、ウッチーさん、スーさん、私になりました。
マグロ釣りは片舷しか使いません。

まずはサバ釣り
IMGP2655_R.jpg

サビキはフラッシャーサビキを使用。水中ライトを忘れてやっていたら全く釣れず・・(汗)
水中ライトを使用しているウッチーさん、スーさんは入れ食いでした。途中、船長からお借りして何とか釣れた。マジで焦りました。水中ライトを忘れずに・・(笑)

大島沖に向かいます。
IMGP2656_R.jpg


IMGP2662_R.jpg
今日のタックルは初めて使用するタックル。
マグロ専用竿です。そう簡単には曲がらないんじゃないかと思う竿です(笑)通称:物干し竿。
曲がるのか?
-- 続きを読む --

category: 大島沖 本マグロ釣行記

cm 2   tb --   page top

大島沖マグロ釣行(2011年12月8日)龍正丸さん 

年内に何とかマグロを1本獲りたい!!そう願いながら今回早くも6回目の挑戦。。
挑戦回数のツ抜けもある得るかもなんて弱気になっている今日この頃・・。
釣れば何とでも言えるのが、このマグロ釣り^^まさしくギャンブル、、よって男の釣りなのである。

出張から帰宅後、嫁に「行ってくるぜぃ!」と気合入れ格好つけてみた。

嫁「気をつけて!頑張ってね~!どうせ釣れないと思うけど・・」と言われてながら家を出る(泣)
いつも最後の言葉が余計なんだよ、あのアマ。

絶対に今日こそ釣ってみせる!!そう思いながら集合場所の平塚、運勘根へ向かった。


今日はウッチーさん、二度目ましてのtagaさん、ちゃっぴぃさん、私、そして船上カメラマン、のりたまちゃん、
そして、愛知県からぽぽこさん、相方さんが参戦。よって今日は仕立てなのです。
船は今年マグロを圧倒的に獲っている絶好調の龍正丸さん。今回3回目の乗船です。

準備をして一路、下田へ。
行きの車の中はマグロを釣って持って帰ってくる方法等、話すぐらい釣る気満々!
車のカーゴスペースは釣り道具満載でどうみてもマグロを載せるスペースがない。
最悪、道具は宅急便で送ればいいか・・という極論にまで達し全てにおいてポジティブな考えを持ちながら下田に向かった(笑)

到着してすぐ向かった先は中華屋さん。
出発前に腹ごしらえ。
写真

ビールを注文、ぎょうざやホルモン焼き等を注文。また1品ずつ支払いをじゃんけんで決めるという
ゲームをしながら食事をした。ちなみに一番お支払頂いたのはウッチーさんでした^^

その模様をブログUPしたのですが、すぐに「チャーハン食って死んじゃえー」なんてコメントが入り、皆そのコメントを見て大爆笑。
船に戻りベットの上でも皆笑いが止まらず寝られません(笑)
コテツさん、お願いしますよ、^^早く一緒に行きましょ。断らないで下さいヨ!!

4時に起床。ぽぽこさん達が到着し、釣座のじゃんけん。
私がミヨシ、tagaさん、ちゃっぴぃさん、ウッチーさん、ぽぽこさん、相方さんの順に決まりロッドキーパーをつけた。

IMGP1651_R.jpg

そして出船し40分程走り、サバポイントに到着。

IMGP1653_R.jpg
想像してたより、温かい。そして凪。

餌のサバも快調に釣れる。あっという間に終わり大島沖のポイントへ。
IMGP1657_R.jpg

この時は期待十分だったのですが・・。
-- 続きを読む --

category: 大島沖 本マグロ釣行記

cm --   tb --   page top

大島沖マグロ釣り(龍正丸さん) マグロ釣り見学会  

本来なら11/10は御前崎港、生駒丸さんからモロコ・カンパチ釣りの予定でしたが
生憎の海況。前の日からスーさんから現地の状況を聞き薄々わかってはいました。
代案をどうしようかと検討した結果、大島沖のマグロ釣りなら大丈夫だろうとマグロ釣りに決定。
一緒に同行予定だったトトさん、まこべさんは愛知県からの参戦で集合時間3時半は時間的に厳しい
ということで(そうですよね。。)スーさんと二人で行ってきました。


今回、5度目の挑戦!
そろそろいい加減、釣れてもいいんでねーの?と思いながら準備をする。
スーさんは初めての挑戦。
まだ釣ってもないのに、自分なりにわかる範囲で教えさせていただきました(笑)

今日の乗船は7名。今まで経験した中で一番多い人数。それだけマグロ人気があるのか?
そうだよな~、あんなに美味しいマグロが食べれるし、なにしろマグロを釣るなんてそうない。
片舷をつかって釣る釣りなので、この人数がMAXか?

釣座はスーさんは操舵室の真下、自分はその隣の胴の間が釣座になる。
今日は人数が多いということでサバを釣る時は両舷を使ってサバを釣ることになりました。

とっとと準備をしてベットに入り熟睡。
IMGP1576_R.jpg

40分ぐらいでサバ釣りポイントに到着。
外はまだ真っ暗ですが、何気にこの雰囲気は好きかも。
海況はちょいシケ、雨は横殴り(笑) なんかマグロ釣りに来てんだなぁって感じです。
単純に大間のマグロ釣りを見過ぎなのかもしれないけど。

サバ釣りは楽勝なんて思っていたのですが、噂ですと渋チンらしい。
仲乗りのケイスケ君がわざわざ「あつさん、これつけてみて」と水中ライトを持ってきてくれました。
IMGP1581_R.jpg

ありがたや。持ってない人は買った方がいいかも。

船長から「大事にあげてきてよ~、サバがないと話にならないから」そーだよな。。
サバが釣れなくてマグロ釣りをできなかった船もあったと聞きました。

しかし・・サバは数えると8匹しか釣れず・・変わりに水深100m前後で良型のマアジが10匹以上
釣れ、これも生き餌に。
IMGP1583_R_20111111111801.jpg


本当に釣れない。ちなみに私の隣のグループはサバを釣ってなかった気がする。

そんなこんなでマグロポイントの大島まで1時間ちょい走るので、またカッパを脱いでベットで寝てました。
これができると釣りが楽でいいです。さすが遠征船です。


サバの数が気になるところですが、大事につかえば問題ないか?
-- 続きを読む --

category: 大島沖 本マグロ釣行記

cm --   tb --   page top

定栄丸さん(2011年10月18日) マグロ釣り 

先週は金洲で嘘みたいな34kgのカンパチ。
釣り仲間、釣具屋さん、船宿さんから祝福のメールや電話をいただきました。
足繁く通っていた愛知の船宿から電話が来た時には、ちょっとした感激で目頭が熱くなりました。
なんか見てないようで見ているんだなぁと再認識した次第です。
ヘタな事は書けない・・(笑)そう改めて思いました^^

この流れにのってマグロゲットだ!!

今回のマグロ釣り。これで4度目の挑戦。
当たる人は1回で当たるし、当たらない人はとことん当たらない・・。そんな釣りです(笑)
釣った暁には美味しいクロマグロにありつけます。いただきましたが本当に旨かった。

今度は自分で釣ってまさかの2週連続のドヤ顔してさだまさしも真っ青の関白宣言してやりたい。



今回、お世話になったのは稲取港の定栄丸さん。
IMGP1553_R.jpg

メンバーはコテツさん、コテツさんの知り合いのSさん、ちゃっぴぃさん、私の4名です。
釣り座は右舷ミヨシからコテツさん、Sさん、ちゃっぴぃさん、私の順になりました。

準備をして出船。
IMGP1552_R.jpg

エサのサバ釣りからスタート。
いつものフラッシャーサビキに今日はコマセを持ってきてと言われていたのでコマセを使う。
IMGP1561_R.jpg
定栄丸ではサバを釣る時、ミヨシに集まり右舷、左舷で分かれて釣りをするように言われた。
コマセを集中して集めるのが目的なのか?

しかし、爆釣とは程遠い。船長も言っていたが難しい。そして潮が速くてマツってしまう。
結果的に10匹も釣ってないんじゃないかな?
今日は大事にサバを使わないといけない。

その後、大島沖まで1時間ぐらい走ってポイントへ。
IMGP1562_R.jpg
ポイント到着後、準備をしていたらちゃっぴぃさんの特製コマセを頭から浴びた(笑)
風上NGです(笑)

今日のタックルはこれ。
IMGP1564_R.jpg
フロロ30号(だとこの時は思っていた)に針はスーパークエの20号 完全に針をのませて釣りたい。

仕掛けを投入するもアタリが一向にない。
マグロ釣りはフカセ釣りでリールをフリーにしてアタリを待つ。
糸が出るか出ないかのところで調整をして待ちます。

IMGP1565_R.jpg

アタリはくるのか。
-- 続きを読む --

category: 大島沖 本マグロ釣行記

cm --   tb --   page top

龍正丸(9月27日) 大島沖マグロ釣行 気合いだけは・・。 

3度目の正直なるか。

「マグロを食べたい!!」と嫁に尻を叩かれ計画。
27日が休みになり釣行予定がなかったのですが、ウッチーさんのお誘いでマグロ釣り決定。
4名(ウッチーさん、のりたまさん、ちゃっぴぃさん、私)で行ってきました。
乗船メンバーは私達だけ^^

今回お世話になった船宿は下田港は龍正丸さん。初めて銭洲に行った時にお世話になったのが龍正丸さんでした。
それ以来、銭洲、御蔵島等でお世話になってます。



今回、マグロをゲットなるか。
下田港に2時過ぎに到着。
IMGP1423_R.jpg
到着後、釣座のじゃんけんをしまして、私は勝って2番目に好きな釣座を決められる権利が発生。
1番目はウッチーさんでトモ、じゃあ自分はミヨシに・・意味もなく、そんな感じで決めました。これがのちに蚊帳の外状態になる(笑)

ちなみにミヨシから私、ちゃっぴぃさん、仲乗りさん、のりたまさん、ウッチーさんの順。
マグロ釣りは片舷しか使いません。キンメと一緒です。

小粒の雨が降っている中、準備完了。
男のスタンディングでマグロを仕留める!!鼻息だけは荒いバカ1名(自分)
IMGP1424_R.jpg

準備をして出船3時半頃出船。ベットに入り寝てポイントまで行きます。楽ちん。
しかし、サバ釣りポイントまで向かっているが予想通り波が凄い。何度も起きてしまった。

「準備をして下さい」と船長のアナウンス。
揺れる船内で久しぶりにカッパを着て外に出ると、久々に経験するまぁまぁの荒れ模様。
そこにプラスして暗い中、横殴りの雨、風が、、そして波が頭から・・俺は修行に来ているのか?と錯覚する。
船酔いの方はアネロンに助けられて問題なし。
IMGP1431_R.jpg

早速、サビキを用意し準備をした。(定番のフラッシャーサビキを用意)
「昨日はサバ釣りに苦戦したらしい」とウッチーさんから聞いていたので、大丈夫か不安になる。
風は結構吹いていると予想をしていたので、スーさんからいただいたマグサイバーをつけていた。
IMGP1432_R.jpg
フラッシャーサビキは全長7.5mもあるのでこんな風がある時は磁力も強くて便利です。投入も楽でした。オススメ

最初はアタリもなく厳しかったですが、徐々に釣れ初めて問題なく釣れ一安心。
この早く切り上げられたことがマグロの時合に間に合ったのかよかったのかも知れません。

そして、サバ釣りポイントからマグロポイントの大島沖まで移動です。
移動中、シンガポールに行ってしまった方が約1名・・。ちゃっぴぃさん、帰ってきてくれぇ!!(笑)
59416898770dfb4d904a8ca630c6e8d3.jpg


そして釣り開始。ポイントに付くと風、波も多少収まり釣りには支障なしのレベル。
仕掛けはフカセ釣り。サバを付けて流します。
ミヨシの自分から順番に流して行きます。

そしていきなり、のりたまさんにヒットする!!
IMGP1435_R.jpg
自分の予想が当たる。のりたまさんにアタる気がしてたんです。

何分かの格闘の末揚がってきた。キラリと光る魚体。マグロです。
IMGP1436_R.jpg

そして
IMGP1438_R.jpg
やった~!! 

25kgゲット!
この後にもっとすごい事をやらかすなんてこの時は知る由もなかった。
IMGP1441_R.jpg
-- 続きを読む --

category: 大島沖 本マグロ釣行記

cm --   tb --   page top

プロフィール

カレンダー

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

検索フォーム