04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

海を眺めて

高級魚、大物を狙います。東京諸島を含む三宅島の釣り&生活日記。

相浜 松丸さん(2013年10月29日) シマアジ釣り 

チームエイトの方々と相浜 松丸さんに行ってきました。
初めての乗船。初めての船宿はワクワクします^^

前の晩から現地へ入る、”前入り”。

松丸さんでは乗船する方のみ宿泊可(2000円)
飲み物なども持ち込み可なので、こうやって酒盛りもOK
IMGP3409_R.jpg

飲む前に場所取り。
IMGP3411_R.jpg

松丸さんの宿泊所には魚拓がたくさん。


なかにはモロコの魚拓。


左上に注目です。ズームにします。
DSC_0608.jpg
35号ではなくて3.5号ですよ(笑)
「たぶん、イサキ釣りかマダイ釣りかわかんないけど、針掛かりした魚をモロコが底から追ってきて食ったはいいけど、浅いところに急に上がってきたもんだから、浮き袋が膨れちゃって(戻れなくて)、そのまま釣れちゃったんじゃないか?」とやぶさんの見解。モロコは往々にしてあるらしい。
普通に考えて3.5号でまともにやったら瞬殺で切れますよね。
同様の事を御前崎でも聞いた事があります。



その後、約1時間半弱、酒盛り。釣り話や色んな面白い話を聞きました^^


2時に就寝。
IMGP3413_R.jpg

朝、佐藤さんに5時に起こしていただき起床起こされなかったら寝坊していました
桟橋に向かう。
IMGP3414_R.jpg

船は満員御礼。(12名)
道具をセットし出船。


IMGP3416_R.jpg

この時、雨はまだ降ってなく海況もそう荒れているような感じでもなかった。
が、しかし。
ギッタンバッコン、外房特有のウネリ。
久し振りに船酔いでマーライオンになるか?と思いましたが大丈夫でした
シンガポール行きは免れた(^o^;)

c06ffdf61fcf510d553aa960e94a4bda_l.jpg

ポイントに到着。
仕掛けを投入。仕掛けは銭洲や神津島シマアジ釣りとなんら変わりません。
小気味よいアタリ。でもシマアジではない。小さなマダイ、そしてイサキ。
IMGP3420_R.jpg


その後も続けざまにアタりますが、今度はショウサイフグの一荷(´Д`;)
IMGP3417_R.jpg

やぶさんはウマズラやイサキを外道で掛ける。

私は相変わらずフグ(・3・)ただし型がとてもいいです(笑)
IMGP3419_R.jpg


ミヨシでマダイ釣りをやっている佐藤さんやひさご寿司の大将もかなり厳しい模様。
IMGP3424_R.jpg


その後、だんだんと雨が強くなり、波立ってきました。

でも、イサキは釣れる。
その後、アタリがあっても推定400gぐらいのマダイ、ハナダイしか釣れなくなってきた。
暇でしたので、やぶさんの探見丸をチェック(笑)
IMGP3423_R.jpg


あれ?やぶさんは?
IMGP3427_R.jpg
船酔いと二日酔い…この組み合わせ最強です。


その後も大雨の中、やり続けますが釣れるのはハナダイ、ホウボウ。
IMGP3429_R.jpg

ホウボウを釣るのは久しぶり。
船宿HPより
1029-11.jpg

今日の釣果。4人分の釣果です。
天候もそうですが、釣果の方もかなり厳しかったです。
IMGP3436_R.jpg

大将は揺れがひどい船上で魚を捌く。さすがです。
IMGP3430_R.jpg


次回の釣行は頑張りたいと思います。

でも、海はやっぱり気持ちがいい。見てるだけでもストレス解消(笑)

佐藤さん、往復の運転ありがとうございましたm(__)m

category: 千葉県 釣行記

cm --   tb --   page top

プロフィール

カレンダー

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

検索フォーム