04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

海を眺めて

高級魚、大物を狙います。東京諸島を含む三宅島の釣り&生活日記。

神津島シマアジ釣り(10月8日) 重郎平丸さん 

自分の中での秋の風物詩。神津島のシマアジ釣りに行ってきました。
仕事の都合で行けるかどうか微妙でしたが、何とか行ける事になってよかった。

今回、初めて乗船する重郎平丸(じゅうろうへいまる)さん。

メタ肪さん、ローディさん、ラッコさん、ふぃろさん、コテツさん、私の6名+他4名の方の10名。


下田港は神津島船籍で混みあってます。三連休の影響もありますが、こんな光景初めて見ました(笑)
さすが解禁のシマアジ釣り人気か船の着岸待ち。まさに下田港は”銀座状態”になってました。
我が地元の三宅島の遊漁船も頑張れ!!

下は寿美礼丸
IMGP1471_R.jpg

なかなか着岸しないなぁ~なんて思っていたら、重郎平丸さんは反対方向に着岸していた模様。
気が付かなかった。。
IMGP1473_R.jpg

急いで船に荷物を載せ、車を駐車場に移動させます。
そして、乗船。

船内はこんな感じ。
IMGP1498_R.jpg
久しぶりの神津島。ワクワクするな~。中に入りすぐ寝てしまいました。

・・・結構揺れるなぁ~なんて思いながら目が覚める。
到着したとの合図で外に出ると結構な揺れ。凪じゃなかったっけ?
IMGP1477_R.jpg
じゃんけんをし釣座を決め、左舷ミヨシから私、ローディさん、コテツさん、ふぃろさん、ラッコさん、メタ肪さんの順番。

セッティングして準備を進める。

用意されたオキアミを細かくスクレーパーで砕く。そしてふりかけをぶっかけ準備完了
110430 3

竿入れは6時半。
期待が高まる^^
どうぞ!との船長からの合図で投入。

神津島のシマアジは底を釣れ!と言われている。
砂地と根が点在しているところすがで、ステンカンを捨てる気持ちで思いっきり底につける。
イメージとしてはバケが底に這っているようなイメージをして!と以前某店長に聞いた。
そして軽くあおってコマセを撒き、カワハギ釣りのゼロテンションみたいな張らず緩まず状態を作ってたら
コッ!ココン!!と軽やかなアタリ♪

くびを振っているのでシマアジと確信するも、やり取りをしている最中に
あっけなくバレた(泣)

まぁ、すぐ釣れるだろう!と余裕ぶっかましていたら、またアタリ。
しかし、500gのマダイでした。久しぶりのマダイに小さいとはいえキープ。

肝心のシマアジはと言えば・・・。
コテツさんが船中第1号シマアジ。
IMGP1478_R.jpg

そして、私にアタリがある。今度はいい引きだ。マダイだかシマアジだかわからぬまま揚げてくると
マダイ。それも2kg。

また少し経ったあとアタリが。今度も結構ひいてあげると4kのマダイでした。
だけど今回はシマアジ釣りがメイン。申し訳ないがマダイは外道です。
IMGP1490_R.jpg

そして、ローディさん。
本日初おろし!!剛樹のシマアジリミテッドが曲がります。
IMGP1481_R.jpg
しかし、バレてしまった。シマアジ釣りは難しいっすね。

そんな中、船酔いでダウン中?だったふぃろさんが復活。そしてラッコさんにアタリが。
IMGP1483_R.jpg

なんとサメ?エイ?^^

シマアジ釣りは結局8時半過ぎまでやり、船中2枚のみ。
そしてオンバセまで移動。五目釣りになります。
深場の魚を狙います。メダイかオナガダイ狙いか?

しかし、まったくと言っていい程アタリがなく、アタッたと思えばアカイサキ。
船中マッタリムード。ぼけーっとしてると眠くなります。
IMGP1488_R.jpg

隣を見ると本当に寝ている人がいました。私も寝ましたが・・(笑)

IMGP1493_R.jpg

そんなこんなで、最後にイサキが入れ喰いになりましたが盛り上がることなく終了。
2011年の神津島シマアジ釣りが終わりました。残念。。
結局、泳がせは1度もやりませんでした。
思えば昨年も良型マダイを釣ってシマアジは釣ってないような気がする。


そして、宿泊する方々を見送り下田に帰ります。
IMGP1496_R.jpg

今回釣れなかったか。

最近、いい釣りしてないなぁ~。

今回初めて乗船した重郎平丸さん。
若い仲乗りさんで活気がある船宿でした。
ただ一つだけこれがあったらなぁと思うところが。

船に竿立てを付けたらいいのにと思いました。道具をひとまとめにして寝かして置くのですが波が凄かったのか
帰ってきて道具を見たらリールに傷がギタギタについてました
使えるのでいいですが道具を大事にする人にとったらそれだけで嫌になるかも。
どうりで常連さんは竿カバーやリールカバーを付けていたんだな・・と。


帰宅後、嫁宅に向かう。マダイを見て喜んでいました。ポピュラーな魚には弱いんだな(笑)

今晩の晩飯は・・
写真 2 (1)

こんな感じで一杯やりました。
写真 1 (1)

2kgのマダイの方が美味しかった。家族みんな喜んでいたから、まぁいいか(笑)



タックルデータ

竿     剛樹 シマアジSP
リール   シマノ ビーストマスター3000 PE6号
仕掛け   シマアジテンビン、ロングステンカン(100号) シマアジ仕掛け2.2m(市販品)

category: 東京(伊豆)諸島 釣行記

cm --   tb --   page top

プロフィール

カレンダー

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

検索フォーム