04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

海を眺めて

高級魚、大物を狙います。東京諸島を含む三宅島の釣り&生活日記。

走水港 関義丸さん(4月20日)ビシアジ釣り  

本来なら銭洲釣行予定だったのですが生憎の海況模様。
家でじっとしていようと思っていたのですが、快晴の予報と聞いて勿体ない・・と思っていた。
そこに嫁がアジの刺身食べたくない?とキタもんだ。
病み上がりの嫁の要求ならしゃーない(笑)
早速、夜遅くに準備をしながらネットで情報収集。東京湾内ならまず出船するだろうと思い
体高があって美味しいと評判の走水ブランドのアジをターゲットにしました。

2年程前に1度乗船させていただいた関義丸さんに決定。予約の電話はしないでOK(だったような)


朝4時半に家を出て向かう。
110420

1時間10分程で到着してしまった。まだ6時になってないし。。ちなみに出船は7時30分
110420 1

早速HPに書いてあった釣座を確保しようと行ったが既にトモの角は取られていた(早っ!!)
110420 2

左舷トモから2番目の札を取って受付へ向かい料金を払ってきて準備をする。
110420 3

そして青イソメが有効らしいので船で青イソメを購入。200円
110420 4
そしてアカタン。
110420 5

コマセはイワシのミンチ。110420 6

そして潮の流れが早い走水だからこそなのですが、カゴビシ130号 天秤とビシはレンタルしました。
110420 7

ショックは1mm50cmを付け仕掛けは市販仕掛けを使った。
110420 8

準備万端。何の釣りでも楽しいなぁ。
そして出船港から10分ぐらい走ったところがポイントでした。
110420 10

110420 12


竿   グラス竿
リール 電動丸1000PLAYS
PE  4号
110420 9

そして合図がありスタート。
底から2mの指示でした。(水深は最初は50m~のち70mでした)

急遽、船長から20号の錘が配られこの錘をビシの中に入れるかスナップでビシにつけるかして欲しいと。。
どうやら潮が相当速いみたいです。

案の定、仕掛けを投入しましたが激流に近い潮の速さです。思いっきりラインが左へ流されます。

が、そんな中底から2m付近で1投目から喰いましてなかなかの良型ゲットです。
110420 11

潮が速くて釣りずらいだけかな?と思いましたがこれが後に大変な事になる。
胴間にレンタル竿の方が4名いらっしゃいまして、この潮の速さにてこずる事に・・。
これは初心者の方には厳しいぞ~。1投毎にマツって大変でした。
自分も食わすもオマツリ、隣もオマツリ。今日はマツって糸を解く作業に時間を取られまして結構疲れました。

隣の人も釣りしているより、オマツリを解くのに時間をかかるね~^^なんて話していた程。

前半はポツポツと揚がるような感じで爆釣っていうような感じではなかったです。
底から2m以内で喰ってくるので、それより上に仕掛けがいってしまうと喰わない・・そんな感じでした。
なので根掛かり、オマツリもあって8セットあった仕掛けがあっと言う間のなくなってしまいました(笑)

なので喰いが立った沖上がり直前は仕掛けがなくなる。
しかし、その切って使えない仕掛けを結びなおして釣りをしていて偶然発見したのですが
仕掛けを1mぐらい短くして2本針にした方がマツる事もなく手返しがいい事を発見。

周りががマツって大変な時、黙々と数を稼ぎました(笑)
110420 13

12時頃に沖上がり。
港に戻る時に〆て28匹。型がいいので満足です。

110420 14
今日は快晴でとても気持ちがいい1日。
近場の釣りは楽でいいですね。家に到着したのが14時過ぎ。

ゆっくりできました。

・・・で帰宅後、嫁が帰ってくるのを見計らって雑に刺身を切って出しましたよ。
110420 15
かなり脂がのっていて旨かった。

これからチビリチビリ一杯かっくらおうと思います^^

category: 東京湾 釣行記

cm --   tb --   page top

プロフィール

カレンダー

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

検索フォーム