04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

海を眺めて

高級魚、大物を狙います。東京諸島を含む三宅島の釣り&生活日記。

4月12日 小湊 新傳丸 マルイカ釣行 渋い。 

マルイカ釣り。
昨年1度経験したのみ。その時楽しかったので早めにやっておきたかった。
また来週は銭洲釣行を控えておりまして、その際釣ったイカを持ち込む予定もあり、今シーズン初の
マルイカ釣行となりました。

御世話になったのは南房総の小湊、新傳丸さん。
412

5時過ぎに出船。
412 1

人数は6名
自分は左舷ミヨシに案内されました。右舷側は4人の団体さんが入ってましたので左舷は2名だけ。
必然的に期待が高まる。

今日のタックルはコイツ。
久しぶりに倉庫からひっぱりだしてきました。ブランコ用と直結用で2本用意。
竿はアルバトロス210MLと極鋭センサー。
412 2
リール シマノバイオクラフト300XH、ベイゲーム300 タイプG 
ラインはPE1.5号と2号
錘は40号
仕掛け 直結仕掛け、途中から直結&直ブラ仕掛けを使用した。
412 3

最初の向かったポイントは港からゆっくり流して15分ぐらいのところ。
412 4

「はい、89mどうぞ。ベタ底ね」と船長の合図と同時に投入。
小型電動リールを持ってないので「男の手巻き」で頑張る。ただ周りの人を見る左舷トモの方も手巻きでした。
船長がいうには電動の方が少ないよ~なんて言ってました。手巻きが多いらしい。

かなり長い間、空振りが続く。。

反対側、右舷ミヨシの方が良型のヤリイカを釣りあげたが、その際使用していた電動リールが壊れたらしい。
かなり慌ててました。ちなみにシマノのリールではないです(笑)

イカちゃんは一体どこにいるのか?
今日は寒く風も吹いていてテンションあげていこうと思っていたのですがここまでゼロ。
そして大きくポイントを移動。20分ぐらい走りました。
遠くを見ると船団ができている。
412 5

ここでやっとイカが乗ってくれた。いきなり一荷できた。まぁまぁの型のヤリイカと小さいヤリイカ1匹
底でたまにしゃくったり、カワハギ釣りみたいに”たるませ”たりすると乗ってくるケースが多かった。
412 6

色々試してみたりして、少しずつですが数を伸ばす。
412 7

手巻きですが最初のうちは2ハイのったら重くて辛かった(笑)
慣れればどうって事はないのですが。

肝心のマルイカはどこだ?

そして写真ではわかりにくいですが段々、風が強くなり始める。
412 8

ポツポツと数は伸ばし、やっとマルイカをゲットするも小さい(笑)
412 9

結果、、ヤリイカ23ハイ、マルイカ1ハイで終了です。

やっと釣ったマルイカ^^
412 12

LTタックルでのイカ釣りは本当に面白い。ハマりますね、これ。
まだちょっと早いのかも知れませんが、本格的になったら面白そうです。
それと色んなプラヅノも用意した方がよさげですね。今日一番釣ってた人はこまめに色々変更してました。

0412 11



帰る頃に海は凪てました。
412 10

今日は寒く風も強くて釣りずらかったですが、楽しい釣行でした。
今夜はイカ刺しで一杯やります(笑)

category: 千葉県 釣行記

cm --   tb --   page top

プロフィール

カレンダー

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

検索フォーム