05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

海を眺めて

高級魚、大物を狙います。東京諸島を含む三宅島の釣り&生活日記。

2015年1月10日 はつ丸さん 初釣り  

久しぶりの釣行記。
今年はできる限り書きます^^

今年1発目の釣行。
風を避けて、船を風裏にある洞輪沢港に持ってきていたはつ丸さんから朝5時50分頃に出船。
IMGP4098_R.jpg
風が強くても、島の風裏にポイントはあります。限られますけどね。
ポイントまで向かう。

シマアジがオキアミに少しずつ慣れてきてはいるものの、
ドバ撒きするのに、船長から金洲カゴを勧められ使わせていただく。

船長と喋りながら、まずはコマセを撒く事を中心やり始める。
周りは私達しかいない。

IMGP4101_R.jpg
のちに星丸さん。
宇之丸さん、幸吉丸さん、吉栄丸さんの4隻を石積周辺で見かけました。

ポイントはわずか10分もかからない石積。


IMGP4104_R.jpg
この時期のシマアジ有望ポイント。今日は荒れてますので、この周辺付近しかポイントがなく厳しそう。
コマセを撒きながら時合を待つ。

船長指示は15m~20m(水深25m~28m)完全な中層です。
神津島のようなベタ底ではありません。

最初、バケでやってたのですが、水が澄み過ぎてるからバケよりエサがいいよと船長。
IMGP4109_R.jpg
今日は船長のマン・ツーマン指導^^
何があってもいいようにと作ってきた3本針のオキアミ仕掛け。
エサが全く取られない時間が長くありましたが、夜が明け始めた時に突然アタリ。
本年1発目のアタリです。

ドラグをゆるゆる。小気味よいドラグ音が鳴ります。
シマアジ特有の竿を叩くような引き!!シマアジかも。が、途中で魚が変わる(笑)
アカハタでした。おそらくシマアジが掛かり、根周辺まで逃げてる最中に、3本針に喰いついたのかな。
シマアジはバレて、アカハタがあがってきました。

確実にいる。隣の星丸さんのお客さんの竿も大きく曲がっている。
時合到来なのか。
すぐに再投入。
タナは20m付近。すぐにアタリ。先程までのエサが全く取られない時間がウソのようです。
竿が叩かれまくっています。
今年1枚目のシマアジかも知れないので、慎重になりそうになるが、やぶさんが言ってた事を思い出す。
水面を見ると、シマアジ。
今までみたいな小さなサビレではなく良型でした。

本年初シマアジ

とりあえず、厳しいのはわかってた事。
型が見れればいい!と思ってましたので、船長に「もう帰ってもいいですよ(笑)」と言ってました。

「何言ってんだ、もうちょっとやれ!(笑)」と言われましたけど。
その後は船長と漁の事や世間話^^

途中、シマアジらしきアタリもあったのですが、バラす。
定番の三の字リリース、メジナ(キープ)、モンガラ(キープ)、ムロアジ(キープ)。食べる分だけキープです。

そろそろ上がる時間になり、沖で待ち合わせ。
八丈島に来島されたSさん達。
IMGP4117_R.jpg
はつ丸の船長が、ミヨシで釣りをしてる健太君を、遠く後方から見ていたみたいで
「上手いし、慣れてるじゃ。」とびっくりしていましたよ。高校生という事を伝えたら2重◎の驚き(^^)





今年初釣りと言う事、狙ってた魚が捕れたので満足です。
沢山釣れればそれはいいですが、私の場合は行く気になればいつでも行けるので、あくまでも自分が食する分だけ釣れればいい。特に今日は。


末吉の洞輪沢港に帰港。
IMGP4121_R.jpg

今日は海が荒れているのか?と錯覚するぐらい静かな港です。
本当はこの釣行記を書いている本日(1/12)も出撃予定でしたが、大荒れの様ですので中止となりました。
シマアジは少しずつ、上向き加減。
後はオナガダイが、釣れるようになるのを待つのみです。

はつ丸さん、今日はありがとうございました。自分の中では、いいスタートがきれたと思ってます。

今年も色々な釣りに(と言っても限られますが)チャレンジしていきます。
改めまして、今年もよろしくお願いいたします。



・ロッド FK 島鯵 220
・リール シマノ フォースマスター3000MK
・ライン ウルトラダイニーマ 6号
・仕掛け ハリス シーガー グランドマックス 8号 3.2m 3本針
・針   オーナー針 シマアジ 沖アミ用 17号  バケはムツ針17号
・カゴ 金洲カゴ ビシ100号

category: 八丈島 釣り

cm --   tb --   page top

プロフィール

カレンダー

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

検索フォーム