05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

海を眺めて

高級魚、大物を狙います。東京諸島を含む三宅島の釣り&生活日記。

大物魚をバラしたけど。(2014年9月14日)  

神湊漁港から出撃。
20140914050148263.jpg

今日は6人。今年だけで4回も来島されてる方々。
IMGP3962_R.jpg

朝はまずムロ釣り。
神湊沖でムロ釣り。クサヤ作りでムロを一網打尽しているらしく、心配していたのですが心配ご無用、コマセが効きだすと入れ食い。ムロのサイズはチビムロより少し大きくて、いいサイズのムロでした。
ムロが浮いてきたら、のべ竿で効率よく釣り、ポイントまで向かいます。

IMGP3963_R.jpg

泳がせ釣り開始。
IMGP3966_R.jpg
最近、その日、その日でムロのサイズがバラバラと聞いていたので、ムロのサイズに針を合わせて、仕掛けを何種類か用意。

ちなみにリーダーはナイロン80号。最低でもこの号数を用意した方がいいです。
今日はハリスは40号ナイロン、60号ナイロン、35号フロロと使い分けました。
岩礁が多く、根で食わせたらナイロンの場合、一撃で切れます。
…と偉そうに書いてますが、今日もナイロンで瞬殺で終わりましたけど。船長は60号か40号フロロを薦めています
朝一は東京の方にヒット。
IMGP3969_R.jpg
カンパチ3k~4kgぐらい。
トモでは島の方で、お取り引き先の社長様がジギングでアカハタ(島名:アカバ)
その前にかなりいい型のカンパが食ったのですがバレてしまいました。
IMGP3970_R.jpg

その次は右舷真ん中の方(東京からの来島)が3kg~4kgぐらいのカンパ。
なかなかいい感じ。

そして、私。
ポイント変えて小岩戸沖、着底してすぐ(喰った)でした。6kg~7kg
IMGP3976_R.jpg
この間の釣行みたいに、ヒラマサ地獄にならなくてよかった(ヒラマサ大漁でした)

その後、船中で朝飯。1泊2日(船中泊)で行く遠征気分を味わう。
IMGP3971_R.jpg

ご飯、鮭、ソーセージ、納豆、卵の朝飯です。
飯をかっくらいながら、泳がせ釣り。最高の贅沢^^

昼までの間、ポイントを変えていましたが、なかなかアタリがありません。
11時半頃に有名な漁礁ポイントに入る。

着底。一呼吸おいて巻き始めた瞬間にドカンと竿が入っていく。
久し振りに目が覚めるようなアタリでした。そして重い。
なんだべ?これ。動かないんですけど。

船長「モロコかカンナギじゃねーか、それ」
リールを巻いて少しずつ上がってはきているのですが、とにかく重い。
そして、グンと途端に軽くなる…バレた。
「えぇ~?!」と船内。やっちまった。
切れたのか?と思ったら、オモリだけなく針は付いている。どうやら抜けたみたい。
針を見たらかえしの部分から折れていました。
まぁ、これはしょうがないですね(^-^;)

気分を変えて昼飯。
IMGP3975_R.jpg
今度は塩焼きそばとキンメのアラ汁。船上で食べるのもあるが最高に旨い。
IMGP3992_R.jpg

IMGP3993_R.jpg
腹を満たして、ひたすら泳がせ釣り(笑)
ムロも沢山あるので、1投毎に新しいムロを投入。

その後、アタリもそこそこにあり…
IMGP3979_R.jpg

IMGP3982_R.jpg

シャークまで。
IMGP3985_R.jpg

シャークは駆除の目的で尾っぽを切り落とします。
(尾っぽを持っていくと害魚駆除料の名目で2万円出ます)IMGP3986_R.jpg

私はその後、食べ頃カンパチ6kgを追加。
追加というか、ラインがマツッて、私は隣の方が掛かっているのかと思い、ゆっくり巻き上げてきたのですがなんと!!掛かっていたのは自分の針だった(^_^;)

デカいのバラしちゃったけど、、アタリも頻繁にあり、とても楽しめました。


2本のカンパチを持ち帰り。親戚に1本贈呈。
残りの1本は東京の友達が欲しいというので、発泡スチロールに詰めて発送しました。

美味しく食べてくれたら、嬉しいです。

category: 八丈島 釣り

cm --   tb --   page top

プロフィール

カレンダー

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

検索フォーム