04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

海を眺めて

高級魚、大物を狙います。東京諸島を含む三宅島の釣り&生活日記。

2014年 6/14~15 カンパチ&シマアジ狙い はつ丸さん 

6/14~15日、内地から釣り仲間が来島。
マルッチさんNさん

せっかく来るのだから、何とかしてターゲットを釣ってもらいたくプランを練る。
そんな事で、お世話になっている八重根漁港ははつ丸さんに相談。
ターゲットはNさんは泳がせでカンパチ、マルッチさんはシマアジ。

空港にお迎え。スーパーアサヌマで買い物をし、いざ八重根漁港へ。
船に荷物を積み込み、出船です。
IMGP3683_R.jpg
湾を出てすぐ、もの凄いうねりで、船は木の葉の様にピッチング。
Nさんがぼそっと「島ってハンパないすね…(笑)」と。
そんな事言いながら、Nさんはアサヌマで買った「島寿司」を食べていた

初日はシマアジ&青物大物ポイントの小岩戸に向かいます。

乙千代が浜周辺で風裏になり、静かになるが…。
IMGP3686_R.jpg

小岩戸に周辺。
凪ていても、このポイントは根が浅くせり上がっている為、潮が早い。

釣りずらいですが、超一級ポイント。
しかし、今日は外洋特有のうねり。

かなりきつい海況。

でも、丸っちさんもNさんも、頑張ってます

船長もその他、灯台下などのポイントを回ってくれましたがダメでした。
IMGP3690_R.jpg
この日はメジナ、ムロ、ウメイロ等しか釣れず、シマアジのシグナルはなし。
その代わり、メジナは沢山釣れました。

この日は海が悪かったので定刻通りに上がり。

夜は嫁ちゃん、娘も合流し、ここで反省会。


丸っちさんに嫁にお土産、子供にオモチャなど頂きました。本当にありがとうございましたm(__)m
そして、ご馳走様でした。


二日目。泳がせ釣り。
八丈小島に向かう。朝の海況は昨日よりはマシなレベル。
でも、これから凪ていく予報。
しかし、今日は遊漁船が多く、私が知っている限り5隻くらい小島に集結。IMGP3700_R.jpg

さて、、問題のムロです。ムロが釣れなくちゃ話にならない。泳がせ釣りのスタートラインにすら立てない訳で。
実は釣れるまで、かなり心配でした(笑)

サビキは試しにネットで買ったみた、安物サビキを使用。
最初は調子よく釣れましたが、そのうち、あげて来る時に途中ですぐバレる。連続してバラす事が多くなってきたので針を見たら、5本針が全て曲がってました。
やっぱり、安物はダメだと痛感((^_^;)

フィッシングキングさんのオリジナル、中ムロサビキを使う。
IMGP3694_R.jpg
活性があがってきて、コマセが無くても釣れる感じ。
途中、得体の知らない奴に、サビキをブチぎられましたよ、、。

ムロも快調に捕れホッとする。ムロのサイズは中ムロ
IMGP3724_R.jpg
生簀には昨日釣った大ムロとまではいかないデカムロが数匹、泳いでいる。

しかし!!これが後で起こる奇跡の「エサ」になるとは…この時には思いもしなかったのである。

さて、泳がせ開始です。
私は左舷ミヨシ、Nさんは右舷ミヨシ、そしてマルッチさんは右舷トモ。
水深は100m前後。70mくらいまで、かけ上がりを流していきます。

一投目、、後ろのNさんから「喰ったぁ~」
振り返ると、スタンディングでファイト開始中。
IMGP3702_R.jpg
「八丈島最高!!!」と大声で叫んでいた(笑)船長に「魚をあげてから言えよ~(笑)」と突っ込まれてましたが
IMGP3703_R.jpg
やりとりを楽しみ。
IMGP3705_R.jpg
IMGP3707_R.jpg

8kgのカンパチゲット!!よかった。
IMGP3708_R.jpg

その後、泳がせを続けますが釣れず。
シマアジ釣りにシフトする。

ポイントを変え、水深50m~100m前後の場所に。
マルッチさんにアタリがある。
IMGP3710_R.jpg
魚とのやり取りを楽しんでいるマルッチさん。
IMGP3712_R.jpg
はたして…。
IMGP3713_R.jpg
オオヒメダイ。銭洲や金洲で釣れるヒメダイのデカいバージョン?初めて見ました。
IMGP3714_R.jpg
サンちゃん等が釣れましたが、肝心のシマアジは釣れず。定刻が来ましたが勿論、延長。
そして更に1時間の延長。私は全然OKです!

しかし、神様の悪ふざけ。
結果的に泳がせ釣りをやっていた私とNさんにアタリが。
いつだったかのデカいエサにはデカい魚が喰う!を実戦。
私は生簀にあったデカムロをブチ込みました。

なんと、、一発で喰った。水深50m
P6150221_R.jpg

マルッチさん撮影
P6150222_R.jpg

ヒラマサかな?と思いましたが、水面に現れたのはカンパチだった。
P6150223_R.jpg

すっきり♪ヽ(´▽`)/
竿を作ってくれたファクトリーKさん、竿に入魂できました。
P6150225_R.jpg

Nさんに「デカムロをぶっこんでみて下さい」と伝える。
そして、5分後、「きたぁ~!!喰った、喰った!」

明らかに、違う引き。ものすごい突っ込みを耐えるNさん。
※マルッチさん撮影

ガチの真っ向勝負。

マルッチさん撮影


あがってきたのは、21kgのカンパチでした。
IMGP3721_R.jpg

Nさんは、相模湾でキハダ等、釣った事があるものの、今回、八丈島で初めてのカンパチ釣り。ロッドキーパーに竿を置く事や座る事なく、スタンディングでやりきる。

その後、放心状態のNさんと写真撮影。
IMGP3722_R.jpg

八重根港に帰ります。


港に到着。

カンパチが大きすぎて、入る発泡スチロールがないので、船長が解体。
優しくて、とても親切な船長です。


久しぶりに連チャンでの釣行。
とても楽しかったです。

ちなみに、今の八丈島、かなり厳しい状況です。今回、同日に違う船で仲乗りをしていた方と話しましたが、全くダメだったようです。違う他船も同じ状態。

船長も「水深50㍍と八丈島としては、浅いところで、しかも、連チャンで釣れるとは思わなかったな~。それと底潮がまだ冷たいんじゃないかな?そのせいもあって、深場に魚が行かないのかな…と」。
今回、たまたまみたいですが、結果が出たのでよかった(^-^)V


ほんと釣りは奥が深い。
今後も色々と探索して行きたいと思います。

今回、マルッチさん、すいませんm(__)mせっかく来ていただいたのに。。。
シマアジの顔を見れず、とても残念な結果でした。
マルッチさん、また11月かもしくは12月にお待ちしています。
今度はオナガダイとシマアジの二本立てで、行きましょうね。




・ロッド rodworksfactory-k 
・リール シマノ タリカ20 
・ライン ウルトラ2 PE8号
・リーダー フロロ60号 5㍍
・ハリス ニュークローナイロン 50号 2㍍~3㍍
・針   GT28号
・オモリ 250号(潮が速い為)

サビキ
1091.jpg

・高級五目釣り
基本的に銭洲等と一緒。但し、ハリスはワンクラス号数をあげた方がいいかも。
ハリス 10号~12号 3ヒロ 2本もしくは3本針
錘 100号~150号。サニービシやステンカンなど

八丈島のポテンシャルはとても高いです。(釣れない時は、全く釣れませんが)
3人ぐらい集まれば、銭洲2回分の料金(交通費も入れて)で一泊2日でゆっくり釣りが楽しめます。

これから本格的な大物シーズン。
モンスターと会えるかも?


category: 八丈島 釣行

cm --   tb --   page top

プロフィール

カレンダー

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

検索フォーム