06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

海を眺めて

高級魚、大物を狙います。東京諸島を含む三宅島の釣り&生活日記。

三宅島釣行(7月9日~10日) 信栄丸さん パートⅡ 

1日目は撃沈気味で終了。
港に戻っていく最中に錆ヶ浜港沖はカツオのナブラがすごく漁師がヒコウキを引いてカツオを狙っていた。
幼い頃、オヤジの船に乗ってカツオを狙っていた頃を思い出してしまいました。懐かしい。
ルアー投げたら釣れそう。

宿に戻りシャワーを浴び作戦会議。
今日の反省を生かし、明日はかたくなにムロアジを狙わないで釣れる魚を釣ろう!ということになる。
その後、足りなくなった道具を買いに歩いて数分の海楽さんに行き釣り道具を購入。
チビムロサビキと錘を購入した。

夕食を食べて疲れていたのもありぐっすり熟睡してしまいました。

そして、次の日(10日)の朝、OROCHIさんが合流するので三池港までお迎えに。
110711 13
そしてOROCHIさんを乗せ共栄荘へ。
なんとびっくりしたのがOROCHIさんは何度か共栄荘に宿泊したことがあるとかで、
親戚も顔を覚えてました。世の中狭いかも(笑)

さて本日、東京に帰るので少し早めに出発です。
110711 14
今日も三本岳周りがポイントです。

しかし、行ってみてびっくり。
昨日、散々苦労したムロアジがわいているではありませんか!
コマセを撒くと水面まで浮いている状態!その中に数は少ないですがチビムロの魚影もあります。
途中までシマアジ仕掛けでやっていたのですが、泳がせやりに三宅にきたんだ・・という事もあり
サビキ仕掛に変更。

コマセを撒いて、その中にサビキを入れると喰ってきます。
簡単に5匹ぐらい釣れましたが、ムロも学習してきたのか船の周りに寄ってきません。
船から離れたところではもの凄い数で群れてます。

そんな中、メタ肪さんはシマアジを釣ってます。
110711 15

左舷、ミヨシのコテツさんはサビキ仕掛でシマアジ入れ食い。
ムロ狙っているのにシマアジが喰ってくるという・・なんとも贅沢な(笑)
それもレギュラーサイズで食べるのには申し分ない型です。

ひと通りのエサの仕入れも終わり、泳がせ釣りになります。

ここまでコテツさん、メタ肪さんはかなり釣ってました。自分はというと朝、中ムロがバタバタ釣れた後は
何故かムロもシマアジも一匹も釣れず。
110711 19

後でコテツさんに聞いたのですが、やっぱりきちんとした釣り方がありました。
脱帽です。やはり考えて釣りをしなくていけないということですね。特にムロは。

私の後ろではOROCHIさんがお手製のジグでデカイのかけてバラしてしまいました。
なんだったんだろう?あれはいったい。。

途中、こんな美味しそうな魚も。アカハタ。
110711 16

私の方は釣りではないですが、船長もびっくりのこんなサプライズがありました。
-- 続きを読む --

category: 三宅島 釣り

cm --   tb --   page top

プロフィール

カレンダー

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

検索フォーム