03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

海を眺めて

高級魚、大物を狙います。東京諸島を含む三宅島の釣り&生活日記。

手石港 君丸さん(2012年11月16日) 本マグロ釣り 

今年もう1本釣りたい!と思いつつもなかなか行く機会がなかったのですが、やっと行く事ができました。
今回は初マグロ釣りのMさんと二人。

道中はMさんと世間話をしながらあっという間に到着です。
お世話になった船宿はマグロ釣りでいつもお世話になっている君丸さん。
AM2時頃に手石港に到着。

私達を含め3人。前日に船長から電話がありだからトモと胴間にセットしていいよ!との連絡があったので、その通りに。Mさんにトモに座っていただくつもりが・・トモに座らせていただきました。すいません。

サバ釣り道具をセットしてキャビンに入り睡眠。
40分ぐらい走りポイント到着。

サバ釣りは問題なく釣り、ポイント直行!
IMGP3243_R.jpg

大島沖までは約1時間。外でMさんと仕掛けを準備したりしていました。
IMGP3225_R.jpg


Mさんも気合十分です^^
IMGP3228_R.jpg


天気は最高~。朝は若干のうねりがありましたが時間が経つにつれて凪てきました。
後は魚が喰ってくれればいいんですけどね。。。
IMGP3232_R.jpg

-- 続きを読む --

category: 大島沖 本マグロ釣行記

cm --   tb --   page top

伊東港 妙法丸さん(2012年9月23日) そう簡単には釣れない 

やはりそう簡単には釣れませんね~。
懲りずに、またマグロ釣りに行ってきました。
メンバーはコテツさん、メタ肪さん、ラッコさんの4名。

お世話になったのは先週に引き続き、伊東港妙法丸さんです。

自宅を23時過ぎに出たのですが東名に乗ってから雨が本降りに。
IMGP3004.jpg

慎重に運転して港に到着。メタ肪さん達は仮眠中
私も疲れていたのもあり、ぐっすり寝てしまいました。

アラームで目が覚めるとコテツさんも到着済み。

準備をして出船。
まずはじゃんけんをして私は前回と同じミヨシから2番目。
ミヨシからコテツさん、私、メタ肪さん、ラッコさんと続きます。
乗船して早々、ラッコさんの電動タックルを見て船長が「うちは手巻きしかやっていないんだよな~、電動のお客さんは初めてだ!」と(笑)冗談だか本当かわかりませんが。

ラッコさんはキンメタックルで挑みます。でもこれが一番最強かも^^

雨が降っているので準備をしてキャビンへ。
少し仮眠をして、サバ釣り場に到着。

外に出ると当然、雨。それがだんだん大雨になり大粒の豪雨になる。
コテツさんとラッコさん。
写真で見るとわかりませんが、スゲー降っているんですよ

メタ肪さん
サバ釣り用意

前回の釣行記にも書きましたが、妙法丸さんはサバ釣り道具をセッティングしてくれていますので、お借りして釣る事になります。サビキ釣りの竿も貸していただきました。ありがとうございました。
私はサビキ釣り担当、コテツさん、メタ肪さんは吹き流し仕掛け、ラッコさんは針外し役になりました。

前半、サバがなかなか釣れず苦戦。
しかし、そんな時にメタ肪さんの竿に強烈なアタリが!!

IMGP3006_R.jpg


「これサバのアタリじゃないぞ?!ワラサかな?」とメタ肪さん。全くその通りで揚がってきたのは写真はないですがワラサでした。ナイスサイズ。


またその後、反対側でもロッドが締め付けれています。
IMGP3009_R.jpg

IMGP3011_R.jpg
揚がったのはブリ。後で計測したら9kg

IMGP3016_R.jpg

ちょっと・・サバ釣りなんですけど・・(笑)

IMGP3018_R.jpg

ワラサやブリが揚がるところにサバはいないと船長。ポイント移動。
移動したところでサバが釣れてエサを確保をし大島沖へと向かいます。
キャビンでゆっくり。
IMGP3021_R.jpg

大島沖南千波まで約1時間半の間、睡眠
-- 続きを読む --

category: 大島沖 本マグロ釣行記

cm 6   tb --   page top

大島沖 クロマグロ釣り(2012年9月17日) 伊東港 妙法丸さん 

またしてもマグロを求めて行ってきました。
今回、お世話になったのは伊東港は妙法丸さん。
私は初めての乗船です。伊東なので近い!あっという間に到着。

今回のメンバーはウッチーさん、ローディさん、tagaさん、私の4人。
IMGP2974_R.jpg

乗船すると何やらセッティングしてあります。
IMGP2976_R.jpg
乗った事があるtagaさん、ウッチーさんから事前に聞いてはいましたが、エサ釣り用にと妙法丸さんが、竿、仕掛けコマセ等用意をしてくれています。
なので、釣りに行く際はマグロ用のタックルを持って行けばOK^^ロッドキーパーも必要ありません。

ただし、用意してくれてるのはフラッシャーサビキではなくオキアミをコマセにしてイカタン餌の2本鈎吹き流し仕掛けです。

実際、釣りをしてみて感じたのですがやはりサビキの方が早いです(汗)
ただ、船長に聞いたところ1匹1匹大事に釣った方が活きがいい、持ちもいいとの事。船長の拘りがここにあります。
ネックは、イカタン餌が取れやすいので付けるのが面倒くさいかも?
次回はフラッシャーサビキの吹き流しを仕込んでいこうと思います(笑)

サバもtagaさん、ローディさんが途中からフラッシャーサビキでガンガン釣ってくれたおかげで(ウッチーさんは針外し係^^)かなりの数を稼げました。60匹ぐらいはありました。
IMGP2984_R.jpg

IMGP2986_R.jpg

キャビンに向かうとスゲー綺麗。
IMGP2980_R.jpg

下がフカフカで気持ちがいい。海惣丸さんみたいな寝心地です。
何故か途中でエアコンが切れて、暑くて目が覚めましたがよく寝れました。
-- 続きを読む --

category: 大島沖 本マグロ釣行記

cm 4   tb --   page top

伊豆大島沖(2012年9月11日) マグロ釣り やってもうた・・。 

今回は釣友のちゃっぴぃちゃんと二人で、この間、マグロを釣らせていただいた手石港の君丸さんに、再度お世話になってきました。
※ちゃっぴぃさんには家まで迎えに来ていただき、下田まで向かいます。往復の運転ありがとうございました。

行きは集中豪雨が凄く、東名では隣のトラックの飛沫で一瞬視界ゼロになった事も。ビビりました(笑)
IMGP2910_R.jpg

無事、到着。
雨の中での準備は嫌だなと思っていましたが大丈夫でした。

準備。
IMGP2917_R.jpg

私の釣座はミヨシから2番目、ちゃっぴぃちゃんはトモ。
IMGP2916_R.jpg

今日はNEWリールを使用。色んな意味もあってこれにしました。
IMGP2920_R.jpg


出船。今日は多少ウネるとの予報。やはり多少ウネリがありました。
キャビンのベットで仮眠をしているとエンジン音が下がり、サバ釣り開始です。
IMGP2925_R.jpg
フォースマスター3000のリコール(点検)に出していて未だに戻ってきていなく、今日はタガさんにリールをお借りしました。m(__)m

サバは最初手こずりましたが、後半、順調に釣れました。いつもの房総フラッシャー14号を使用したのですが今回は『ねむり鈎仕様』さすがにねむり鈎だけあって、水面ポチャや巻上途中での針はずれが少ないように感じました。
                   41aEWv+HRDL.jpg

嬉しい外道もあってサバかと思ったらあまりひかない。何だろうと思いきやクロムツ。
タナは70m~80m
IMGP2926_R.jpg
船中で10匹ぐらいは釣れたかと思います。

大島沖に向かいます。
-- 続きを読む --

category: 大島沖 本マグロ釣行記

cm 2   tb --   page top

大島沖 マグロ釣り(2012年8月25日) 手石港 君丸さん 

ここ最近のマグロの釣れっぷりを見ていて行きたくてたまりませんでした。
25日は色々あって急遽、単独で出撃となりました。

お世話になった船宿は私のブログまで辿り着く際、検索キーワードとしてとても多い「君丸」さん。
君丸さんは今季マグロをかなり獲っている船宿でHPや釣果情報がないので、口コミや噂で知り検索されている方が多いと思われます。


AM2時45分ぐらいに手石港に到着。
とても綺麗な星を眺めながら船長を待ち、出船準備。空いていたのが胴間しかなかったので、そこにロッドキーパーをセットします。乗船人数は5名 (通常は4名)
IMGP2877_R.jpg
サバを釣る為に準備。前回の教訓で水中ランプを忘れずに持参。赤いランプです。
サバを釣る際のフラッシャーサビキを用意、最近はこれを愛用。
img120707112652M_01.jpg

サバが釣れないと話にならないので慎重に。タナが深かったですが何とか釣ってポイントに向かいます。
海はベタ凪。
IMGP2878_R.jpg

あまり寝ていなかったのでキャビンで熟睡。

小1時間走って大島沖に到着。準備をします。
IMGP2882_R.jpg

今日は土曜日。連日釣れているマグロ釣りとあって、遊漁船が集結していました。
IMGP2884_R.jpg

とび島丸さん
IMGP2886_R.jpg

忠兵衛丸さん
IMGP2887_R.jpg

妙法丸さん
IMGP2888_R.jpg

この他、マグロ遊漁船をほぼ見る事ができました。


釣り開始です。
サバを目通しで付け、泳がせます。フカセ釣りなのでサバの気のむくままの泳いでもらいます(笑)
サバの散歩だけは得意ですよ。。。

マグロ釣りのいいところはここからかなり、ゆっくりできるのでリラックス。景色を見たりビール飲んだり・・。
でも、まったりが続くと眠くなります。

何度か流しかえをして仕掛け回収中、それは突然やってきた。

ハリス10m(直結)がトップガイドに入るか入らないぐらいで、バコッっという音と共に黒い影が。。
船からわずか数mのところです。突然狂ったようにリールからラインが出ていきます。

「おい、マグロだぞ!!!」船長に叫び声を聞いて我にかえった。

く、喰った!!

糸が出ている間「落ち着け、落ち着け・・」と自分にいい聞かせます(笑)
あの日以来のチャンス到来。これを待ってました!!
ラインは80mぐらい一気に出ました。ここでゆっくりドラグを入れ合わせをいれる。

が!!!はっきり手元でもわかるぐらいにズルズルという感触と共にすっぽ抜け。
回収するとサバに歯型がついて帰ってきました。
やってもうた・・。目通しでエサ付けをしていましたが、針が変な方向に向いていましたよ(T_T)
これじゃあ、フッキングしないわな・・。

-- 続きを読む --

category: 大島沖 本マグロ釣行記

cm 10   tb --   page top

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー

検索フォーム